国家資格 難易度S TOP 

 資格関連サイトリンク
資格の難易度
役立つ資格
資格試験情報 検索サイト
平成28年 資格試験日程
介護の資格制度が変わります 
 
転職と資格
 
医療事務の資格取得
 


難易度 S (超難関)
「難易度S」の全資格難易度ランキング
 難易度ランキング  資格の特徴
司法試験予備試験  ・法科大学院修了者と同等の資格で司法試験が受験できる。 
新司法試験 ・新試験になっても資格試験難易度は変わりません。  
国家公務員総合職 ・国家公務員Ⅰ種に代わる試験 合格率は5~6%予想
公認会計士 ・三大国家資格の一つ。学習時間最低3000時間程度必要。
裁判所事務官(院/大卒・総合職) ・昨年から受験はしやすくなったが試験は合格率5%の超難関。
衆・参議院事務局職員(総合職)  ・合格率2%前後。国会の立法・国勢調査活動を補佐する仕事。
司法書士 ・合格率3%前後、学習時間に3000時間程度は必要。
弁理士  ・合格率6~9%、理系の最難関資格。学習時間に3000時間超
医師国家試験  医大で6年の勉強と予備試験+国家試験の合格が必要。
第一級総合無線通信士  ・1級は無線通信のスペシャリストで最高峰。合格率6~7%
外務省専門職 ・合格率10%程度。仕事は外務省などで外交官の補佐。
ITストラテジスト  ・合格率6~8%。応用情報技術者の上位資格でIT最難関資格
国立国会図書館職員(総合職)  ・合格率1%前後。採用は欠員が出た分しか行われない。
防衛医科大学校 ・偏差値は70前後で合格率5%前後。全寮制で規律も厳しい。
システム監査技術者  ・ITストラテジストと並び、情報処理技術者試験の最高位。
防衛医科大学校  ・偏差値70前後で東大理類Ⅲと並ぶ難関試験。競争率70倍。 
国際公務員アソシエート
 エキスパート等選考試験
 
・合格率5%の国際公務員、国連で働く日本人は100人程度。
上記以外の 「難易度 S (超難関)」に該当する国家資格  
JPO(ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー)
国会議員政策担当秘書 
国連事務局YPP(ヤング・プロフェッショナル・プログラム)
家庭裁判所調査官

 通信・通学講座案内  スマホで学べるオンライン講座
国家公務員総合職 司法試験講座 
国家公務員一般職(大卒程度)
司法試験予備試験講座 
地方公務員上級  司法書士試験講座
地方公務員中級 弁理士試験講座
警察官   知財検定3級試験講座 
消防官 知財検定2級試験講座
看護師 行政書士試験講座
幼稚園教諭 社労士試験講座 
司書 公認会計士試験講座 
通訳案内士 宅建試験講座 
司法試験 中小企業診断士試験講座 
司法書士 国家公務員一般職試験講座 
弁理士 公務員試験(市役所・警察・消防)  
行政書士 気象予報士試験講座 
 公認会計士 販売士3級試験講座 
税理士 日商簿記対策講座 
中小企業診断士 ビジネス会計検定(2・3級)講座
社会保険労務士(社労士)  
宅建(宅地建物取引主任者)
FP試験講座 
不動産鑑定士 中小企業診断士試験講座 
マンション管理士 宅建試験講座 
管理業務主任者  
土地家屋調査士  
通関士  
保育士  
社会福祉士  
介護福祉士  
登録販売者  
衛生管理者  
知的財産管理技能検定  
ITパスポート   

 Copyright (C) 2011国家資格 難易度 All Rights Reserved.