国家資格の難易度 TOP

 国家資格の難易度
 
国家資格の難易度について  
難易度 S(超難関)
難易度 A(難関)
難易度 B(普通)
難易度 C(やや易)
難易度 D(易しい)
 記事
国家資格とは
人気の国家資格
国家試験の合格率(H27年度)
H27年度国家公務員試験結果
 
資格別年収ランキング
 
(国家試験対策)メクリッコ勉強法
 
 国家試験関係ニュース
資格試験対策情報
H28年度国家公務員
     採用試験内容案内
 
H28年度国家公務員採用情報

「国家資格」とは、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格です。有資格者は、知識や技術が一定水準以上に達していることを国によって認定されることになります。
国家資格には、弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、 宅建などのように特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格などがあります。

国家資格は、その人のスキル・知識を国のお墨付きで客観的に証明してくれます。そこが他の公的資格や民間資格とは重みが違います。国家資格を取得する事で、その資格を有する人しか取り扱う事の出来ない仕事、独占的な権利を取得する事ができることになります。
結局、いつの時代においても、国が認めた国家資格ほど有利な資格はないと思います。

また、不況下においても、企業や社会は高度な専門知識や技術のある人材を求めています。そのため、国家資格取得は効果的なアピールとなり、国家資格保持者は企業にとってはなくてならない人材であり、就職に有利となることは言うまでもありません。
時代が求め、人々のキャリア形成にプラスをもたらし、独立開業することも夢ではありません。未来を切り開く第一歩となる資格はやはり国家資格でしょう。

その一方で、難易度が高く、取得が困難なのも国家資格が多く、独学で勉強して合格するのは難しい資格も少なくありません。中でも、超難関資格と言われる司法試験や税理士、医師など、難易度が非常に高い資格は、専門機関での履修が必須となっています。
さらに、それだけでなく、このような超難関国家資格は、取得までに時間もお金も掛かるということ以外に、ある程度の年齢になってから取得するのは基本的に無理であるという事が、難関のレベルをさらにあげていることも事実です。
言い方を変えれば、難易度の高い国家資格を取得するということは、それだけの価値と名誉があるという事になるのです。



◆難易度 「超難関難関」の国家資格
 取得するのが難しい分、希少価値もあり、独立や高収入を目指す方にはおすすめです。
 一般に、法務系の資格に多い。
 ・公認会計士 ・司法書士 ・税理士 ・一級建築士など

◆難易度 「中程度(普通)」の国家資格
 実用性・需要もきわめて高く、超難関・難関ではないこれらのスキルは、取得を検討する価値が 高いものが多い。今から本格的に国家資格にチャレンジ、という方にはお薦めです。
 ・FP技能士1級 ・中小企業診断士 ・社会保険労務士 ・行政書士 ・宅建主任者
 ・通関士 ・気象予報士 ・土地家屋調査士 ・管理栄養士など

◆難易度 「やや低い低い」程度の国家資格
 試験は国家資格の中では合格しやすですいが、世の中のニーズは比較的高いものが多い。
 試験もマークシート形式が多く、暗記が少々苦手でもチャレンジできるのがポイントです。
 ・危険物取扱者 ・調理師 ・消防整備士 ・運行管理者 ・理学療法士 ・介護福祉士
 ・栄養士 ・司書など

 Copyright (C) 2011 国家資格 難易度 All Rights Reserved.